一口に占いといっても意外とたくさんある。どれで占ってもらったらいいか迷ったら、自分の性格で決めてもいい。短期・中期・長期の視点も忘れずに

占いを受けようと考えている方は、どの種類の占いでしてもらったらいいか迷っている、迷った経験のある方は結構いらっしゃるかもしれません。そうした方のために、以下に少しだけ解説をしてみようと思います。知りたいことにより占いを使い分ける際の参考にして頂ければと思います。

 

尚、占いというのは面白いもので、望む占いそのものにその人の性格が出ます。(本人も占い師も何が出るか分からない点で)エンタメ要素満載で、かつ万能なのはタロットです。直近から半年ぐらいのことが大体分かります。但し、タロットはタロットカードという道具が必要です。せっかちな人は手相とかいいでしょう。これまたエンタメ要素満載です。合コンの時とかに手相とか話題にする人いますよね?で、星占いは、簡単なようでいて簡単ではありません。厳密にはその人の生年月日に加えて時間も必要ですし、占う側も、それなりに分析に時間がかかります。西洋占星術は性格診断のツールとしても有効です。

命・卜・相

占いには「西洋占星術」「四柱推命」「手相」「タロット」「数秘術」「姓名判断」など様々な種類がありますが、それらは占い方によって以下の3つに分れます。

命術(命占:めいせん)」「卜術(卜占:ぼくせん)」「相術(または相占:そうせん)」です。

命術(めいじゅつ):長期的な観点に強い

誕生した生年月日・時間・場所など、生まれた時に定められた不変的な情報を使い、運命・宿命を占います。西洋占星術では、生まれた時のその人の星の配置や、年齢を重ねるごとに変わる星の通過を元にして、その人の運(今が苦境なのか?転職時期なのか?結婚相手の相性は?)といったことを占います。よくテレビや雑誌とかで、今日の水瓶座の運勢、牡羊座の運勢、とかやっているのは、実は超省形の占いですが、皆様にとってはお馴染みですよね?また、中国を発祥とする四柱推命は伝統と歴史の厚みがある統計学のようなもので、受けた人の多くが的中率が高いと感じるようです。

 

  • 星占い(西洋占星術)
  • 数秘術
  • 四柱推命
  • 算命学
  • 宿曜
  • 九星気学
  • 紫微斗数

卜占:エンタメ要素満載で楽しくお手軽な占い

タロットやサイコロなど、偶然性を伴う何かを見るタイプの占いです。大体半年から1年先ぐらいの運命や状況を占うのに適しています。元々は古代中国で、亀の甲羅・獣骨を焼いて、その時に出来るひび割れの様子を見て占ったことが始まりです。様々な占いの中でも、最も人気なのがタロットのようです。目の前でカードを広げ、繰り広げられる展開(スプレッド)、絵柄の美しさもさることながら、その説明に一喜一憂するのも、タロットならではの特徴でしょう。それ以外では、正月に引くおみくじとかもそうですね。易というと馴染みがないかもしれませんが、易経という中国の古典に書かれた方法を基に確立した占いで、その易経に由来する単語や会社名を聞いたことがない人はいないぐらいでしょう。例:化粧品会社の「資生堂」、元号の「明治」「大正」、その他「観光」「咸臨丸(かんりんまる)」「虎のを踏む」「乾坤一擲(けんこんいってき)※正確には韓愈の詩だが乾坤という言葉そのものは易経」

 

  • タロット
  • ルーン
  • おみくじ

 

特にタロットは(絵柄そのものが研究対象とされ)、有名な心理学者であったユングが研究し、ニューエイジの考え方や、心理学の要素も取入れられていることから、近年ではカウンセリング代わりに活用する人もいらっしゃいます。

相術(相占)

相術は何かの形や現象から人の運命への影響、吉凶を判断する占いです。内なるものは外に現れる、という考え方に基づくそうです。玄関、トイレ、窓、水回りといったものを見る風水や、手に現れる筋や手指の形そのものを見ながら占う手相はメジャーですね。形による占いのため、家なら模様替え、顔なら化粧といったように、自ら良い運気へと導いていけるものが多くあるのが特徴であると言えるでしょう。

 

  • 手相
  • 顔相(人相占い)
  • 風水
  • 姓名判断

など

命術・卜術と比べ普段の生活に取り込みやすいため、開運の手法としてよく用いられています。

 

 

 

Share